がん情報とちぎ
生殖医療と妊孕性(にんようせい)について
がんと向き合う
ホーム>がんと向き合う>生殖医療と妊孕性(にんようせい)について

 がん治療では、妊娠に関わる臓器にがんができた場合だけでなく、妊娠と関係のないような臓器にがんができた場合でも、生殖機能に影響してしまい、妊娠するための力が弱まったり、失われたりすることがあります。

 しかし、がん治療の進歩によって近年では、将来自分の子供を持つ可能性を残すために、卵子や精子、受精卵を凍結保存する等の「妊孕性(※)温存」という選択肢が加わってきました。
 まずは、がんを治療することが大前提ですので、病状やがんの種類等によっては「妊孕性温存」を選択できない場合もありますが、将来子供を持つことを望むのか、治療前に考えてみることは大切なことです。

 まずは担当医にご自身の考えを伝え、自身に対して行うがん治療によって妊孕性にどのような影響が出るのか、また、がん治療後の見通しについて確認してみましょう。

 詳細につきましては下記の国立がん研究センターのホームページで、男女別にがん治療と生殖機能への影響等について解説していますので、そちらをご参照ください。

 ◆「妊よう性 はじめに」(国立がん研究センター:がん情報サービス)


 ※妊孕性…「妊娠するための力」を指し、女性だけではなく男性にも関わることです。