がん地域連携パス
栃木県の取り組み
ホーム>栃木県の取り組み>がん地域連携パス
がん地域連携クリティカルパス作成の経緯について

平成19年4月1日に「がん対策基本法」が施行され、6月にはがん患者及びその家族又は遺族を委員の一部とする「がん対策推進協議会」に於いて活発な議論ののち「がん対策推進基本計画」が策定されました。
その中には、がん難民をなくすことを目的に地域連携クリティカルパスを作成することが求められ、「がん診療連携拠点病院」pdfが中心となり各地域の特性を踏まえた医療機関の連携体制を構築し、在宅医療を含めて切れ目のない医療の提供体制を計画的に整備することが求められました。

 

がん地域連携クリティカルパスの運用について

栃木県における「がん地域連携クリティカルパス(栃木県医療連携手帳)」(5大がん pdf大腸 pdf pdf pdf乳腺 pdf)は患者さんに安心、安全で質の高い医療を提供するため、計画策定病院(がん診療連携拠点(指定)病院、二次医療圏中核病院の一部)と連携医療機関(一般病院、診療所等)が患者さんの診療計画、検査結果、治療経過を共有するためのツールとして活用されることを目的としています。
この「がん地域連携パス」を利用することで、患者さん自身が診療計画や病気を理解でき、がん治療医とかかりつけ医の確実な連携のもとで手厚い診療を受けることができるようになります。さらに、診察の待ち時間短縮や通院時間の短縮など患者さんの負担の軽減にもなります。
栃木県におけるがん地域連携パスは、栃木県がん診療連携協議会pdfにおける研修部会のもとに設置された「がん地域連携パスワーキング・グループ(WG)」pdfで協議され、東京都がん診療連携協議会・クリティカルパス部会の了承のもと、東京都医療連携手帳(がん地域連携クリティカルパス)popupを一部改変したものを作成し、栃木県統一パスとしました。平成23年度のがん地域連携パス冊子は栃木県保健福祉部により印刷・製本されました。
計画策定病院と連携医療機関の連携については、栃木県医師会クリティカルパス推進委員会pdfのもとに置かれたがんパス部会と協議し、郡市医師会ごとに説明会を行ない、共通の認識を図るように調整しました。
また、実際の運用・調整のために栃木県がん診療連携協議会における相談支援部会のもとに地域連携マネジャーWGpdfを設置しました。

がん地域連携クリティカルパス(栃木県医療連携手帳)印刷用
・胃がん PDF(2.28MB)      ・大腸がん PDF(2.34MB)      ・肝がん PDF(2.40MB)
・肺がん PDF(2.15MB)      ・乳がん PDF(5.20MB)


地域連携パスの流れ

対象患者が栃木県医療連携手帳(がんパス冊子)を持ち、下記の流れで受診・診察を継続します。バリアンス(※)が生じた時は中止になります。

  1. 計画策定病院
    (1)入院(外来)担当医師による対象患者選定
    (2)地域連携マネジャーによる説明・調整
  2. 連携医療機関(かかりつけ医)での診察・・・栃木県医療連携手帳に記載されているスケジュールで受診
  3. 計画策定病院での診察:栃木県医療連携手帳に記載されているスケジュールで受診
    ※バリアンス:パスの流れに沿って診療をすすめることが不都合になった状況です。この場合は、計画策定病院の地域連携マネジャーに連絡してください。

がん地域連携パスの流れと地域連携マネジャーの関与 pdf(41KB)

 

連携医療機関としての手上げ

連携医療機関としてがん地域連携パスに参加を希望される場合は、「栃木県共通がん地域連携パス運用に関するアンケート調査」に必要事項を記入のうえ、連携を予定している計画策定病院(複数の場合はそのうちの一箇所の病院)にFAXを送付してください。
なお、保険診療報酬の算定を行なわないで、がん地域連携パスを使用して連携をしていただくことも可能で、栃木県の連携体制を構築するうえで大切なことと考えています。

がん地域連携パス参加施設 アンケート調査結果 (2013年10月17日現在) excel(446KB)
栃木県共通がん地域連携パス連携医療機関登録用連絡票(改訂版) PDF(79KB)

 

診療報酬の算定について

平成22年度診療報酬改定において、がん地域連携パスに対する下記保険点数が新設されました。
「B005-6がん治療連携計画策定料」(計画策定病院)750点(退院時・退院後1ヶ月以内)
がん診療連携拠点(指定)病院が、地域連携診療計画に基づき患者毎の治療計画を作成し、患者または家族に文書にて説明し、提供した場合に算定
「B005-6がん治療連携計画策定料」(計画策定病院)300点(計画変更時)
状態の変化等に伴い診療のうえ、治療計画を変更した場合に月1回算定
「B005-6-2がん治療連携指導料」(連携医療機関) 300点(情報提供時。月1回限度)
連携医療機関(かかりつけ医)が、患者ごとに作成された治療計画に基づく診療を提供し、計画策定病院に対し患者の診療に関する情報を提供した場合に算定
これらの診療報酬を算定するためには、計画策定病院が、連携する相手の医療機関名、治療を担うがんの種類等について関東信越厚生局への届出を行う必要があります。
栃木県がん診療連携協議会では、関東信越厚生局への届出を計画策定病院の地域連携パスマネジャーが主に行なうこととしました(そうでない場合もありますので、詳細は連携する計画策定病院へお問い合わせください)。

関東信越厚生局への届け出の流れ

特掲診療の届出一覧 popup(関東信越厚生局)

特掲診療料の届出一覧(計画策定病院のみ使用)

「B005-6 がん治療連携計画策定料」を算定する計画策定病院が一括して届出を行えば、連携医療機関も届出を行ったものとして取り扱う(連携医療機関は届出を行う必要はない)
整理番号:
2-0 特掲診療料の施設基準に係る届出書 pdf(376KB)
※上記のとおり「連携医療機関は届出を行う必要はない」とあります。
2-19 (様式13の2) がん治療連携計画策定料の施設基準に係る届出書添付書類 PDF(47KB)
(様式13の3)栃木県医療連携手帳 PDF(187KB)
※  2011/09/05現在 「胃がん」のみ準備
注)正副2通に印鑑を捺印したものを提出
※届出は、年に1回、7月1日時点のものを届出ること

 

地域連携パス体制の整備(連携・院内):関連書類

がん医療連携説明文書 栃木県立がんセンター版 pdf(72KB)

 

がん地域連携パス(参考)