がん情報とちぎ
栃木県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業
栃木県のがん対策
ホーム>栃木県の取り組み>栃木県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業

■事業概要
 栃木県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業では、B型・C型肝炎ウイルスに起因する肝がんや重度肝硬変の治療のために、栃木県知事の指定を受けた医療機関(指定医療機関)が行う入院医療に限り、医療費の助成を行います。

  ◆栃木県肝がん・重度肝硬変研究促進事業指定医療機関名簿

■事業目的
 B型・C型肝炎ウイルス感染が原因により、慢性肝炎から経度肝硬変を経て重度肝硬変、肝がんへと進行するために長期にわたり療養を要するという特徴を踏まえ、患者の医療費の負担軽減を図りつつ、肝がん・重度肝硬変の治療効果、患者の生命予後や生活の質を考慮し、最適な治療を選択できるようにするための研究を促進する仕組みを構築することを目的としています。

■詳細事項
 対象者や対象医療、申請方法等その他詳細事項につきましては、下記をご参照ください。
 ◆肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業(入院医療助成)について